学校給食についての事

栄養を考えた学校給食

トップ

学校給食についての情報

学校給食での食育について

小学校では学習とともに大きな意味を持っているのが給食です。自分たちのためにつくられた食事を感謝して食べることが食育につながります。栄養や食材に対する知識を子供たちに伝えるために、栄養士さんから定期的に子供向けにお便りが発行されたり、給食の前に栄養士さんから献立についての説明の時間をとっている学校もあります。子供の食事は一生の食生活に影響を与えるものですから、バランスのとれた食生活について、積極的に学ぶ機会が設けられています。試食会などを通して保護者の給食への理解を深める催しが開催されることもあります。

家庭教師なら名門会が信頼できます。
全国に13支社37拠点のねっとワークがあり、あらゆる難関大学に対応しています。合格実績はこちらのサイトで確認を。

学校給食の栄養士の仕事

学校給食の献立を考えているのは栄養士さんです。給食センターには必ず栄養士が配属され、毎月の給食費の予算の範囲で栄養満点の献立を考えてくれます。小学生から中学生に掛けては子供達は育ち盛りです。そのため、子供達が健康に成長できるよう、バランスのとれた献立を考えることに力を注いでいます。給食費は無尽蔵にあるわけではなく、毎月予算が決められていることからその範囲内でやりくりをします。12月や3月などはいつもとは趣向の違う、事前に生徒達が好きなものを選べる求給食の献立にするのも学校給食の魅力であると言えるでしょう。